ユーキャンの秘書検定講座の特徴とは?

ユーキャンの秘書検定講座の特徴は、ズバリ、3級、2級、準1級、3つの級に対応しているところです。1級には対応していません。一般的な秘書技能検定の通信教育は、3級、2級、準1級、1級の4つに区別して講座を提供しているのです。

 

各級、平均して2万〜3万円程度は費用がかかるので全て受講しようと思うと、10万円程になってしまいますね。ユーキャンでは、3つの級を網羅していて、受講費用は35000円です。お得感が満載です。

 

秘書検定は、出題領域はどの級もほぼ同じで、解答する力のレベルに差をおくという特徴があります。求められるレベルが異なるということです。3級、2級はマークシート式が主ですが、準1級になると記述式の割合が増え、1級になると記述式のみになります。

 

テキストが級によって異なるということはあまりないのに、各級で費用がしっかりかかる通信教育講座がある中、ユーキャンは費用面でかなりお得ということになりますね。

 

ただし、最終的に1級を取得したいとお考えの方には少々物足りないかもしれません。どちらにしても、いきなり1級を取得するのは困難なので、まずはユーキャンで準1級を目標に効率的に学習するのがお勧めです。

 

メインテキストは、「秘書検定試験対策」専門スクール(早稲田ワーキングスクール)が監修しており、「理論編」と「実技編」の2冊です。B5サイズで持ち運びがしやすく、スキマ時間にも簡単に取り出して学習が出来ますね。問題演習ブックが3冊あり、丁寧な解答、解説付きになっています。

 

添削課題は、各級1回づつあり、提出後には先生によるアドバイスつきの返信が来ます。その他には、過去問題集、最頻出ポイントチェック本などがあります。また、準1級用に、面接対策ブック、面接試験のポイントDVDもついてきます。

 

さらには、インターネット学習も可能で、携帯電話やパソコンからの質問メールにも対応してくれます。合格に向けて、手厚いサポートが保証されていますね。