秘書検定に合格するためには?|通信教育の上手な活用法

秘書検定に合格するために欠かせないのが通信教育です。秘書技能検定は、文部科学省が後援する公的資格で、国家資格のように長い年月をかけての学習は必要ありません。通信教育を上手く利用することで合格は限りなく近いものになります。

 

今は、あらゆる企業が秘書技能検定の通信教育講座を提供しています。通信講座は全国どこにいても受講可能ですので、便利で安心です。しかしいろいろありすぎて迷ってしまうというのが本当のところではないでしょうか?では、どのように選択をすれば良いのでしょうか?

 

まずは、受験する級を決めて、その級に対応している通信教育を探して下さい。1級は扱っていない通信教育講座、3級は扱っていない通信講座があるので注意しましょう。最終的に1級取得をお考えであれば、3級から1級まで持ち合わせているところが安心ですし、テキストも2級、準1級、1級は共通のものを使用することがあります。

 

次に、教材選びです。以前のように、テキストと郵送でのレポート提出という従来型の通信教育講座の他に、最近はWebでの授業、DVD視聴での授業などがあります。通信講座の資料請求すら、Webで送られてくるところがあります。一度そこから試してみると良いでしょう。

 

Webは、少し苦手という方には、教材はやはりテキスト(教科書)を扱っているところが良いでしょう。Webが元々好きな方は、とても快適に感じるでしょうし、楽しく学習が進められると思います。どの通信教育も標準受講期間は3ヵ月から4ヵ月ですが、サポートとして数か月延長可能となっています。こちらも細かく調べる必要がありますね。

 

また気になるのが、費用です。費用はわりとばらつきがあります。アイキャラ通信教育の1級合格講座は4万円、産業能率大学通信教育の1級受験コースは26250円。この差は何でしょう。明らかになっているのはテキストがアイキャラはWeb,もう一方はテキストです。他に面接対策の有無もあるのかもしれません。

 

また、ユーキャンでは、3級、2級、準1級の3つの級に対応していて、35000円です。よく調べて自分に合ったものを選択しましょう。