秘書検定3級の具体的な対策方法

秘書技能検定は文部科学省が後援する公的資格であり、実施は財団法人実務技能検定協会が行っています。一般的な社会人としての知識やマナーを試す試験です。

 

階級は一番レベルの高いものが1級、次いで準1級、2級、3級とあります。階級が上にいけばいくほど、秘書としての専門的な要素が多く含まれています。

 

3級は秘書というより、社会人としての基本的な常識を知るための学習といえます。そのせいか、3級を受験する人の3割強が、現役高校生です。秘書技能検定3級を取得すれば、一社会人になるための学習を十分習得したといえるでしょう。

 

3級の試験は、9割がマークシート式で1割が穴埋め問題となります。試験の内容は、理論的なものとして大きく分けて3つの項目をおいています。@秘書として必要とされる資質、知識、人柄について。A秘書の仕事についてB社会常識、経営についてです。

 

実技的なものとして大きく分けて2つ項目をおいています。@ビジネスマナー、社交常識についてA会議及び文書資料管理についてです。理論的問題で60%以上、実技的問題で60%以上を得点すれば合格となります。準1級や1級のように面接試験がない分、合格は近いと言えます。

 

具体的な対策としては、やはり検定を実施している機関が出版されている参考書や問題集、特に過去問題集を購入して学習をするのが良いでしょう。暗記ではなくきちんと理解をしなければ、社会人としてそれを生かすことは出来ません。

 

特に気をつけたいのは、冠婚葬祭に関することや文書作成で使う時候の挨拶などはしっかり学習した方が良いでしょう。また、会議の資料作りでのグラフ作成なども理解を深める必要があります。

 

敬語の使い方なども学習したものを実際にどこかで使ってみて自分のものにしてしまえば良いです。話す相手は家族でも友人でも良いので周りの人にもちょっと協力してもらってみて下さい。

 

検定に合格するぞという気持ちより、一社会人としての最低限の知識を習得しようという強い気持ちを持って取り組むと楽しく学習ができるのではないでしょうか。