秘書検定【3級・2級・準1級】の資格取得を目指す方へ

秘書検定とは?

「秘書検定」とは、秘書業務に関する考え方・知識・技術などを問う文部科学省後援の検定試験になります。

 

この資格を取得しなければ、秘書になれないというものではありませんが、文書作成・ファイリング・スケジュール管理・ビジネスマナー・接遇・会社組織の仕組みなどを幅広く学ぶことに大変役立ち、年間16万人以上が受験をする定番資格となっています。

 

女性メリット

 

秘書検定は社会的な知名度が高く、企業からの評価も非常に高いのが特徴です。また就職活動に欠かせない資格として、学生を中心に非常に人気があります。

 

秘書を目指す方はもちろん、自分の常識やコミュニケーション能力などに不安を持っている方でも、秘書検定を学ぶことで、正しいビジネスマナーが身に付き、自分に自信が持てるようになるでしょう。

 

「秘書検定」を目指す方におすすめ

ブラッシュアップ学びキャプチャ

ブラッシュアップ学びロゴ

「ブラッシュアップ学び」は年間10万人以上が利用するスクール&通信講座の専門サイトです。「ユーキャン」「ヒューマンアカデミー(たのまな)」といった評判の高い講座を一目で比較、まとめて資料請求ができるので便利です。まずは無料で資料請求をして、講座の内容を確かめてみましょう。資料は無料とは思えないほど内容が充実しており、良い検討材料になりますよ♪

 

ボタン

 

資格を取得するメリット

学生であれば、社会勉強や就活のアピール材料に、社会人であれば、キャリアアップ(資格手当等)や評価アップに繋がります。

 

基礎となる3級から、履歴書に自信を持って書ける準1級まで、ビジネスの現場で重宝する事は間違いありません。

 

効率良く合格を目指すには?

パソコン秘書

「お金もかかるし、独学でいいかな。」

 

「でも独学だと、最後まで続けられるか不安…。」

 

勉強を始める際、独学か通信教育か、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

秘書検定3級・2級・隼1級、この3階級は共通する部分が非常に多いため、特定の「級」の参考書を購入して独学で勉強するよりも、まとめて学習できる通信講座などを活用する方が、結果的に効率良く合格を目指すことができます。

 

難易度が異なるだけで試験範囲は同じなので、同時受験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

ここだけはチェック!通信講座を選ぶ5つのポイント!

 

効率良く合格を目指すのであれば、@合格率Aコスパの良さBテキストの分かりやすさC教材内容Dサポート体制、5つのポイントを抑えることが重要です。

 

受講者の合格率の高さ

通信講座選びのポイント

秘書検定の合格率は、3級=約60%、2級=約50%、準1級=約25%と、各級さまざまです。試験の主催団体が発表する全国平均と比較し、より高い実績を持つ講座を選ぶことが大切です。

 

また秘書検定の場合、各級共通して学べる項目が多いので、3階級まとめて、効率良く勉強ができる講座をおすすめします。

 

コストパフォーマンスの高さ

コストパフォーマンスが高く、充実したカリキュラムを提供している講座を選びましょう。費用の相場は、3万円〜4万円を目安に選ぶとよいでしょう。

 

初学者でも分かりやすいテキスト

秘書検定の場合、3級・2級・準1級のテキストがそれぞれ独立しているものではなく、共通項目の多い3級・2級・準1級の全ての内容をまとめて学べるテキストを選択することをおすすめします。

 

また、文字だけではなく、イラストをを多用し、初学者でも分かりやすく、スムーズに学習を進められるテキストを選びましょう。

 

教材の充実度

テキストはもちろん、講義メディアがDVD等でも学べる講座を選びましょう。他にも、面接対策、過去問、問題演習など教材が充実した講座を選ぶのがポイントです。

 

手厚いサポート体制

学習中に、不明点や疑問点が出てきた際も、メールや電話などで、いつでも「質問」を受け付けている講座を選ぶと良いでしょう。経験豊富な講師が答えてくれる安心感は、継続して学習を進めていくうえでは不可欠になります。

 

上記条件を満たした講座を一括比較する

ブラッシュアップ学びキャプチャ

ブラッシュアップ学びロゴ

「ブラッシュアップ学び」は年間10万人以上が利用するスクール&通信講座の専門サイトです。上記条件を満たした「ユーキャン」「ヒューマンアカデミー(たのまな)」などの講座資料を一括請求できます。受講を検討する際は、実際に資料を請求して、講座の内容を比較してみましょう。資料には、体験談やテキストの内容等が詳しく掲載されているので参考になりますよ。

 

ボタン

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】「秘書技能検定試験(ひしょぎのうけんていしけん)」とは、文部科学省の後援によって、公益財団法人・実務技能検定協会が運営・実施している民間資格の検定で、別称、「秘書検(ひしょけん)」「秘書検定」とも呼ばれています。人柄や判断・接遇能力、社会知識など、文字どおり、秘書としての資質や技能などの実力を問うものです。試験は、秘書検定1級と準1級については年に2回(6月/11月)、3級および2級は、年に3回(6月/11月/2月)実施されています。受験資格は、とくにありません。筆記試験は「理論」と「実技」に分けられ、合格ラインは、実技、理論ともに60%以上の得点となっています。試験内容は、「理論」では、1.必要とされる資質、2.職務知識、3.一般知識。準1級・2級・3級は選択問題(マークシート方式)と記述問題、1級では、すべて記述問題で、さらに英語に関する項目が加わります。1級・準1級では、筆記試験に合格すると、二次試験(面接試験)に進むことができます。面接試験は、ロールプレイング方式。3人一組で行われ、所要時間は、15分以内。課題内容は、上司への「報告」と、来客への「応対」となっています。試験会場は、各都道府県から会場を選択して受験できます。平成25年度では、「第100回秘書検定」として、6月23日に実施されました。試験の時間は、3級(12:00 〜 14:00)、2級(14:50 〜 17:00)、準1級(12:00 〜 14:20)、1級(14:50 〜 17:20)。3級と2級、または、2級と準1級の併願受験も可能で、それを考慮した時間割となっています。合否通知書は、普通郵便で発送されます。2級・3級は、7月12日に。準1級の筆記試験の合否は、7月10日ごろ。1級では、受験者が希望した面接試験日(試験地別)の1週間前までに発送されます。面接試験の合否は面接試験の約1カ月後に送付されます。第1回から98回までの受験者数は、述べ6661792名、最終合格者数は、述べ3472256名となっています。【秘書技能検定とは?】デスクワークの中ではひときわ目立ち花形とされている秘書という仕事はどのような資格が必要なのでしょうか?秘書の求人募集の詳細を見ると、「秘書技能検定○級保持者」などといった条件つきのものは少ないのが事実です。しかし、秘書として働くことを希望するかたのほとんどが秘書技能検定の資格を持っています。また、秘書の能力を身につけていなければ実際に秘書の仕事をすることは困難でしょう。秘書技能検定は、文部科学省が後援する公的資格です。実施をするのは財団法人実務技能検定協会です。秘書としての資質や業務知識、社会知識、ビジネスマナー、文書作成などの技能が判定されます。それぞれの分野で60%以上を正解した受験者には合格が与えられます。秘書技能検定の1番の目的は、「人材育成」といわれています。どんなに文書作成などのスキルがあっても、秘書としての言葉遣い、振る舞いができなければ秘書とはいえませんね。そのようなことを秘書技能検定受験の際に隅々まで学習をするので、実際の就職活動の面接の時には最大に生かせることでしょう。また、秘書の仕事は上司の補佐役ですので、上司やお客様に対して、瞬時の判断と適切な対応が求められます。資格は、1級が一番高く、次いで準1級、2級、3級と区別されています。3級と2級の併願受験、2級、準1級の併願受験は出来ますが、準1級と1級の併願受験は出来ません。試験は、3級と2級は年に3回、準1級、1級は年に2回、全国各地で実施しており、どなたでも受験が出来ます。3級と2級は筆記試験のみですが、準1級と1級は筆記試験合格者には2次試験として面接があります。面接試験では人となりがそのまま試験官に映りますので、秘書の資質に合っているかいなかを見極められるというわけです。準1級、1級に合格すれば本当にどこで働いても恥ずかしくない秘書になれることでしょう。秘書に限らず上級の社会人をいうことです。自分の自信にも繋がりますね。また、医療事務資格もおすすめです。医療事務は、勤務形態が安定しており、女性に非常に人気がある資格で、独身時代は、フルタイムで中規模のクリニックで医療事務の仕事を続けてきました。経理や事務などの業務はもちろんのこと、患者さんへの接遇も一生懸命こなしていました。患者さんから感謝されることも多く、もともと福祉の仕事を希望していただけに、医療事務は“天職”とまで思っていたくらいです。結婚しても、子どもがいても、医療事務の仕事は一生、続けたいと思っています。また医療事務同様に、介護施設等で介護報酬請求業務や事務全般を担当する介護事務資格もあります。介護事務は民間の資格であり、ケアクラーク、介護事務管理士、介護事務実務士、介護保険事務士、介護保険事務管理士、介護管理専門秘書検定資格など複数種類の団体で資格を認定しています。他にも、リンパドレナージュ資格という最近、女性を中心に人気が急上昇中の資格があります。リンパドレナージュとは、人間の体内に流れるリンパの流れを促し、必要の無い老廃物や異物を体外へ排出するマッサージ技術です。医療技術を習得したセラピストが施術に当たるケースが多いようです。リンパドレナージュは、1930年代、仏人エミール・ヴォッダー博士によって提唱され、正式名称は、「ヴォッダー式マニュアル・リンパ・ドレナージュ」、略して「MLD」と呼ばれています。リンパドレナージュは、講座を受講するスクールによっても様々な技法があり、医療的な治療から、美容改善に至るまで、幅広いのが特徴です。リンパドレナージュの技術を体得したいのであれば、事前に自分が本当に学びたい技術を明確にしたうえでスクールに申し込みをすると良いでしょう。当サイトの姉妹サイト「リンパドレナージュ(マッサージ)資格取得ナビ!」でも詳しく解説していますので、興味がある方は一読頂ければ幸いです。

更新履歴